リラックスしましょう!

毎日毎日、テレビをつければ新型コロナウイルスの話。自粛で自宅にいなきゃいけない、仕事も休まないと行けない、仕事があったとしても感染のリスクの中、出勤しなきゃいけない…
 
毎日、気持ちが休まらない方も多いと思います。『コロナ疲れ』何て言葉も出来たくらいです。皆さん、ご自身の気持ちがリラックス出来るように、何かされてますか?
 
妊活中の皆さんにとっては治療が中断になった方も多く、先の見えないこの状況に不安な気持ちでいらっしゃる方も多いです。
 
妊婦さんも自分が感染したら、赤ちゃんがどうなるのか?もし、かかりつけの産院で感染者が出たら、その後も検診してもらえるのか?不安な日々が続きます。
 
 
皆さん、恐れすぎないでください。ウイルスは肌に触れても感染しません。感染に至るには必ず口、鼻、目の粘膜を介します。そしてそこに至るには、必ずといっていいほど手を介します。ウイルスがフラ~っと飛んできて、口に入っていくっていうことはほぼありません。ウイルスに触れた手が食事の時や鼻をかむとき、目を擦ったときに粘膜に侵入していきます。ですので、手洗いうがい、手指消毒は徹底してください。家に帰ってきたらまず一番に手を洗ってください。
あとはやはり3密、人との接触を8割減らす、というのを守ってください。
 
 
というような内容は散々テレビ等で言われていますね。上記のような予防を徹底したら、次に行うことは
リラックスしてください。
息抜きしてください。
 
 
ストレスは
妊活さんには
妊婦さんには
産後のママさんには
特にいいものとは言えません。
 
妊活に大切な卵巣の働きは、脳下垂体から分泌されるホルモンによって行われます。そのホルモンを卵巣へ運んでいるのが血液です。
ストレスが溜まることによって、自律神経の1つである交感神経の働きが優位になると、血管を収縮し、血液の流れを悪くします。
 
卵巣に血液を送っている卵巣動脈にはたくさんの交感神経が分布されています。ですので、卵巣の働きはストレスの影響を受けやすいのでは?と考えられています。
 
 
また、妊婦さんにとっても血流はとても大切で、妊婦さんからお腹の中の胎児に届ける栄養や胎児からいらなくなった排泄物はすべて臍帯動静脈を介して交換されます。
 
産後のママもおっぱいは血液から出来ています。
 
血液の流れを良くするためにも、ストレスで緊張している交感神経を副交感神経にシフトチェンジしてあげる必要があります。
 
1つは呼吸ですか、そちらはまた次回、詳しくお伝えします(^_^)
 
もうひとつは、お灸のセルフケア!!
 
開いた手をギュッと握っていただいて第3指と第4指が手のにらに触れているところのちょうど真ん中に『労宮』というツボがあります。そこにお灸をするとストレスを緩和させる働きがあります。
 
ご自身でされているストレス解消に是非プラスしてやってみてくださいね!!
 
レディース鍼灸室-ひかり-のLINEアカウント作成しました。院の情報や女性についての様々な情報を共有させて頂きます!!宜しければ登録してください(^_^)
 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

やっぱり腸活は大切❗