子宮の血流量を増やす!

鍼に電極を付けて、鍼通電療法を

背部の骨盤内臓器に関わりのある場所にすると

子宮の血流動態が改善する!!

という報告があります。

 

妊活治療の際にそのような方法をすることもあります。

 

子宮の血流量が増加すると

子宮の状態は良くなります。

子宮の状態が良くなるというのは

ホルモンの働きが改善したり

子宮内膜の厚みが増したりすること。

 

鍼通電療法はさらに多嚢胞性卵巣症候群の方にも

効果があるという報告もあります。

 

 

 

さらに鍼灸はお薬と違って副作用がない!!

というのも強みの一つ!!

 

妊活鍼灸を続けていて、無事妊娠に至ったとしても

赤ちゃんに悪影響はないので安心してください。

そこも鍼灸の強みの一つ!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

妊活セルフケアのお灸☼

次の記事

妊活治療 症例報告①-1